子供の糖質制限は是か非か

私には現在7歳(女)、5歳(男)、2歳(男)の3人の子供がいます。

気になるのはやはり「子供に糖質制限食はよいのか?」ということです。

結論からゆうと「とてもいい」と感じています。 まあ、否定する要素がまったくないからなんですけど。

 

2歳の子は、私自身の糖質制限食とともに生きてきたので、かなりの肉食です。
肉食乳児
※1歳11ヶ月くらいのときの写真です。

骨付きラム肉なども肉をうまく食いちぎりながら食べます。
手羽先、手羽元などは、1歳超えたくらいのころからむしゃぶり付いていました。

あたりめやさきイカなども好んで食べます。チーズも卵もバカバカ食べます。

 

そしてこの子は「強炭酸水」をこよなく愛しています。
強炭酸乳児
※1歳6ヶ月くらの写真です。

強炭酸は私も酒・水がわりに飲みます。
それをまねしたのでしょう。

ジュースや甘いものを欲しがったときにこれを飲むと、糖質欲求はピタリと止みます。 炭酸水で果物ジュースを薄めてあげることもあります。

なによりも、性格が穏やかです。

糖質を摂取したあとは、やはり血糖値があがるのか興奮状態になります。

 

長男も炭水化物中心でしたが、だんだんと肉食に変わってきました。
同じく糖質を摂取したあとは凶暴になります(笑)

観察していると、糖質がもたらす影響はこんなにすごいのかと日々実感します。

 

長女はごはん大好きです。お肉は苦手な様子。

穏やかですが、疲れやすい印象を受けています。
学校給食も炭水化物中心なため、お腹を空かせて帰ってきます。
帰宅と同時にオムライスです(笑)

一方で、自分にアトピーがあり、それがお菓子やジュースなどを取ると、症状がでるとわかっているようです。
そのため、糖質摂取量はごはん以外少ないのかもしれません。

 

私自身を振り返ると、かなりの糖質依存で、その弊害に悩まされた人生でした。
自己中心、集中力不足、継続力なし。そして肥満。
糖質制限してはじめて自分がそうだったと気づいたことばかりですけど。

 

今後の食事の方針としては、糖質オフで肉食に持っていきたいと考えています。

過剰と判断しないかぎりは、お菓子やジュースはまったくだめ!という方針は今後も取らないと思います。

自分自身で判断できると考えています。

親として、自分の過ちを子供が繰り返さないようにだけ、アドバイスしていきたいと考えています。

 

「子供の糖質制限は是か非か」への4件のフィードバック

  1. はじめまして。糖尿病で糖質制限&MEC食を実践しています。
    さきほど、初注文しました。届くのが楽しみです♪

    さて、わが家の小5と小3の息子たちもMEC食&夜だけ主食抜きですが、とても調子がいいようです。
    まだ半年ですが、2人とも背がしっかり伸びて骨格もしっかり、習い事のスイミングも以前より順調です。

    「子供の糖質制限は良く無い」という人もいますが、別に根拠はないのですよね。
    何かケチを付けたくて言っているのかも知れないなと思います。

    お子さんたち、可愛いですね♪

    1. みさこさん、はじめまして。
      ブログ拝見してます^^ とても参考にさせていただいてます。

      ご注文いただいたようでありがとうございます。
      なるべく早く、正確にお届けできるよう頑張ります^^

      お子さんたちのMEC食、成果がでているようでうれしいですね。
      うちももっと徹底してあげたいです。やはり子供たちにとってもよいと思います。

      これまでの食事で、必要な栄養を満たそうとすると、食べる量が多くなりますね。
      量をとることは体にとって負担になると考えています。
      お肉中心であれば、量より質になります。
      まことに心身に負担のない、健康になる食事だと思います。

      これからもよろしくお願いします^^

  2. 脳の発達はどうですか?
    頭悪くなってませんか?
    学校の成績は?

    将来、対人関係で苦労しませんか?
    会食で嫌われませんかね?

    身体が臭くて
    いじめられっ子になりませんか?

    耐糖性が低下して
    飴玉一個で死んじゃう身体になりませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です