京鴨鍋で糖質制限

京鴨モモ肉
京鴨モモ肉で鴨鍋

鍋ばかりでごめんなさい。

どうしても商品に追加したかった鴨肉。

いままではハンガリー産やブラジル産しかなかったのですが、ようやく国産の鴨肉が入ってくるようになりました。

しかも京都産。

箱のラベルにはしっかりと「京鴨」の文字が。

続きを読む 京鴨鍋で糖質制限

ミルフィーユ鍋で糖質制限からの豚汁!

ミルフィーユ鍋
ミルフィーユ鍋

立派な無農薬野菜を農家さんからいただいたのでミルフィーユ鍋を楽しみました。

いわゆる豚バラ白菜鍋です。

茅の舎だしとすこーしの日本酒でだしを作って、白菜と豚バラを入れるだけです(笑)

かぼすぽん酢と生七味

大分の老舗醤油メーカーのかぼすぽん酢とこれまた茅の舎の生七味でいただきます。
続きを読む ミルフィーユ鍋で糖質制限からの豚汁!

糖質制限とMEC食必須アイテム:豚の脂とは

学長の黒豚純焼きラード
学長の手作り焼きラード 黒豚の腹脂を利用しているので通常のラードよりもさらさらです。

豚脂には飽和脂肪酸が多いため、常温で固体です。
一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸も豊富なため、手でさわると溶けていきます。

バターや牛脂などの動物性脂肪、そして植物ではめずらしいココナッツオイルなども同じですね。
ナイフやスプーンで必要分を使うことになります。

 

ラードは熱につよく、酸化にもつよいです。そのため、加熱して焼き物をしたりするのにぴったりです。

また若干の多価不飽和脂肪酸を含んでいるため揚げ物をしたりするのにもぴったりです。
揚げ物がサクサクに揚がるだけでなく、サラダ油などで揚げる場合よりも油を吸いません。

香りもとても食欲をさそいます。

続きを読む 糖質制限とMEC食必須アイテム:豚の脂とは

飽和脂肪酸の時代が到来

先日のブログ
学問所通信を発行しました:脂質について
にてバターやラードなどの飽和脂肪酸を多く含む脂肪が敵視され、そしてトランス脂肪酸を含むショートニングやマーガリン、そして精製された植物性油が大量に使われることになった経緯を書きました。

今日Yahooニュースで驚きのニュースがでました。
炭水化物は飽和脂肪より健康に悪い? 研究

米オハイオ州立大学のジェフ・ボレック(Jeff Volek)氏の論文が21日の米オンライン科学誌プロスワン(PLOS ONE)で発表されました。

ボレック氏によると

ポイントは、摂取する飽和脂肪は必ずしも体内にセーブ(蓄積)されないこと、そして、脂肪に関してセーブ(調節)すべきの主要な因子は、食事に含まれる炭水化物だということだ

だそうです。

ながらく心臓病やその他の疾患の原因として悪者扱いされてきた(まったくその根拠はないのですが)飽和脂肪酸は、摂取量を2~3倍にしても血中濃度は上昇させないことが明らかになったようです。
糖尿病と心臓病のリスク増につながる脂肪酸の血中濃度上昇に関係が強いの炭水化物だそううです。

低炭水化物食では体内の「パルミトレイン酸」という脂肪酸が低下したそうです。
パルミトレイン酸は

病気を促進する恐れがある、健康に有害な炭水化物の代謝に関係する

そうです。

このパルミトレイン酸は動物脂にも含まれるのですが、それを直接摂取しても体内の脂肪酸は上昇しないということになります。
炭水化物の摂取を抑え、高タンパク、高脂肪な食事で体は飽和脂肪酸を優先的に燃焼させるとのことです。

今回の研究に参加する以前に比べて約2倍の飽和脂肪を参加者に摂取させたが、血液中の飽和脂肪の量を測定すると、大半の参加者では低下していた。

しかも

飽和脂肪を悪者扱いしてきた通説に異を唱えるもので、食事に含まれる飽和脂肪と病気が相互的に関連してないことの知見を拡大するものだ

これは大成果ですね。

ケトジェニックダイエットは食欲を抑える

ケトジェニックダイエットは減量できるにもかかわらず食欲を抑える

Review:Ketogenic diets suppress appetite despite weight loss
Medical Press
の要約です。

なんとも魅力的なタイトルですね。

ケトジェニックダイエットとは、ロバート・アトキンス博士が考案したダイエット法に源流があります。低炭水化物(ローカーボ)ダイエット、低糖質ダイエット、MEC食(肉卵チーズ)ダイエットなどが含まれます。

要は糖質の摂取を出来る限り少なくして、脂肪酸からケトン体の代謝を促して脂肪を燃やしながら減量していきます。カロリー制限もなく、糖質以外はきちんと取れるのでフラストレーションもたまりません。

オーストラリアのシドニー大学のアリス・ギブソンらの研究で、低エネルギーダイエット(VLEDs)とケトジェニックダイエット(KLCDs)が食欲に及ぼす影響を調べました。

VLEDsでダイエットした個人らは空腹をあまり感じず、満腹感や飽満感を感じたそうです。
KLCDsでダイエットした人々は食欲までも減ったことがわかりました。

一般的には低エネルギーダイエット(カロリー制限)は肥満の人々の食欲を増進しますが
ケトジェニックダイエットでは空腹をよりかんじさせず、満足感も高く、減量もできるとのことです。

※VLEDsで減量がどうだったのかという記述はありません。

ケトジェニックダイエットと食欲の抑制については今後もさらなる研究が続けられるそうです。

最後の一文がちょっと気になりますが。
「Several authors disclosed financial ties to pharmaceutical and biomedical companies and organizations in the food and nutrition industry.」